甘肌(読み)アマハダ

精選版 日本国語大辞典の解説

あま‐はだ【甘肌】

〘名〙
① 樹木や果実などの肉を包んでいる薄い皮。あまかわ。〔日葡辞書(1603‐04)〕
② 檜(ひのき)などのあまかわを砕いたもの。舟や桶(おけ)の漏水をふせぐのに用いる。まいはだ。
③ 身体の表面の下にある真皮。
仮名草子・似我蜂物語(1661)中「(つばな)の穂を取てかげぼしにして、すぢも取、うつくしくしろき所を、灸なをりかぬるあまはだへ付也」
④ 肌着類をいう、盗人仲間の隠語。〔日本隠語集(1892)〕
※いやな感じ(1960‐63)〈高見順〉二「俺は風呂屋へ行って、裸かになって、きたないアマハダ(肌着類)をひとまとめにした」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android