コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甚三紅 ジンザモミ

デジタル大辞泉の解説

じんざ‐もみ【甚紅】

承応年間(1652~1655)京都長者町の桔梗屋甚三郎(ききょうやじんざぶろう)が、茜(あかね)で染め出した紅梅色平絹。女性の和服の胴裏に用いる。また、その色。中紅(ちゅうもみ)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じんざもみ【甚三紅】

承応年間(1652~1655)、京都の桔梗屋甚三郎が茜あかねを使って染め出した紅梅色の無地の絹布。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

甚三紅の関連キーワード八つ過ぎ絹布

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

甚三紅の関連情報