コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胴裏 ドウウラ

百科事典マイペディアの解説

胴裏【どううら】

とも。(あわせ)仕立の着物や長襦袢(じゅばん)の裏布のこと。裾(すそ)回しの上部につけるが,男物通し裏にすることが多い。地質は表布により,平絹秩父絹羽二重などが用いられ,男物はふつう花色(青色)金巾(かなきん)をつける。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

どううら【胴裏】

あわせの長着の裏布のうち、裾廻すそまわしを除いた部分。奥裏おくうら

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の胴裏の言及

【あわせ(袷)】より

…日本の衣服特有の仕立て方で長着,羽織,長じゅばん,帯,コートなどがある。女物あわせ長着には胴裏と八掛(はつかけ)(裾回し),男物,子ども物には通裏(とおしうら)をつける。表地とのつり合いがたいせつで男女とも礼装のものは同じ表地を裾裏にも使う共八掛,共裏がきまり。…

※「胴裏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

胴裏の関連キーワードあわせ(袷)裾回し和服地甚三紅胴接ぎ和服紅絹ソー紅裏

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android