コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生体部分肝移植 せいたいぶぶんかんいしょく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生体部分肝移植
せいたいぶぶんかんいしょく

健常者の肝臓の一部を切除して患者に移植すること。外国では,臓器提供者 (ドナー) 不足の解消策として 1988年から実施されている。日本では,かつて千葉大第2外科で先天性胆道閉鎖症の2例に肝移植が行なわれたが不成功に終わった。肝臓は酸素欠乏に弱いのでドナーから脳死状態で摘出をする必要があるため脳死問題が絡み,その実施が見送られてきた。その脳死問題を回避する手段として,生体部分肝移植が行なわれるようになった。 89年 11月に島根医大,その後信州大,京都大などで,先天性胆道閉鎖症の患児を中心に,父親あるいは母親などからの部分肝移植に成功している。健常者の肝臓にメスを入れることに抵抗を示す医師もあるが,肝移植研究会に所属する施設の約6割が,この部分肝移植の実施を検討している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

せいたいぶぶん‐かんいしょく【生体部分肝移植】

生体肝移植

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

生体部分肝移植の関連キーワード原発性胆汁性肝硬変(PBC)日本の医学史(年表)人工臓器肝臓移植臓器移植

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android