コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生体肝移植 セイタイカンイショク

5件 の用語解説(生体肝移植の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せいたい‐かんいしょく【生体肝移植】

肝移植の方法の一つ。健康な人の肝臓の一部を切り取り、末期の肝不全患者に移植する。肝臓は再生能力が高く、健康な人の場合、肝臓の65パーセントを切除しても、約1年後にはほぼ同等の大きさまで再生するとされる。日本では家族間での生体肝移植が主流となっているが、欧米で脳死肝移植が一般的。生体部分肝移植

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

生体肝移植

生きているヒト(ドナー)から肝臓の一部を切除・摘出し、重症の肝疾患を持つ患者(レシピエント)に移植する臓器移植術。この手術が必要になるのは、肝硬変で機能が衰えたり、肝臓から分泌される胆汁が適切に排出されなかったり、肝臓での代謝機能に異常があったりし、移植以外の治療法では治癒が期待できないケースである。胆道閉塞(へいそく)症や代謝性疾患の多くが先天性であることから、日本では乳幼児における術例が比較的多い。
肝臓はヒトの臓器の中でも最も再生力が強く、ドナーは最大で肝臓の70%を切除されるが、約1カ月後には元の容積の80~90%ぐらいに戻り、機能もほぼ回復する。
海外では脳死肝移植が先行し、移植臓器の不足を解消するため1980年代末から生体肝移植も試みられるようになった。日本での肝移植の第1例は、89年に島根医科大学で行われた、先天性胆道閉塞症の乳児に父親の肝臓の一部を移植した生体肝移植である。その後97年に臓器移植法が成立・施行されたものの、脳死ドナーは少なく、以後現在まで日本では一貫して生体肝移植の術例の方が脳死肝移植より多いという状況が続いている。
日本肝移植研究会の調査によれば、60年代に実験的に行われた術例も含めた日本国内での肝移植実施数は13年までに累積7474例に達しており、そのうち7255例が生体肝移植であった。生体肝移植7255例についてのレシピエントの累積生存率は、1年後83.8%、5年後77.1%である。なお13年1年間の生体肝移植実施数は369例、このうち116例が小児への移植であった。
98年から小児疾患で、2004年からは成人でも一部の疾患を除いて保険適応となっている。
15年4月、神戸国際フロンティアメディカルセンターで生体肝移植後1カ月以内の死亡が相次いだことが明るみに出た。これを受けて同年5月、日本移植学会は、生体肝移植の実施に際しても脳死肝移植が認められている施設と同等に、集中治療専門医や麻酔医、日本肝臓学会の認定医、病理医など専門のスタッフが揃い、顕微鏡下で血管吻合のできる設備が整っていることなどを求める緊急の注意喚起を行った。

(石川れい子 ライター/2015年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

生体肝移植

肝臓が悪い患者に健康な人から肝臓の一部を移植する治療法。国内では1989年に始まり、日本肝移植研究会のまとめでは、2013年までに7255件が行われた。5年後の生存率は約77%。国内では脳死と心停止後の肝移植が少ないこともあり件数が多く、近年は年間約400件で推移している。日本移植学会の指針では、健康な臓器の提供者(ドナー)の負担が大きいため「本来望ましくない」としている。臓器売買などの防止のため、提供者は親族(6親等以内の血族と3親等以内の姻族)に限る、提供は本人の自発的な意思に限るなどのルールを定めている。

(2015-06-06 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

生体肝移植【せいたいかんいしょく】

生きている人間から肝臓の一部を切り取って,肝移植を行うこと。先天性胆道閉塞症(肝臓から十二指腸にいたる胆道が欠損しているため,胆汁がうまく流れず,全身に胆汁がたまる病気)といった,先天的な肝臓の形態異常などで,移植以外に助かる道がない場合に行われる
→関連項目生体小腸移植

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

生体肝移植
せいたいかんいしょく

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生体肝移植の関連キーワード木取り肝臓移植移植ドナードナーカード明り取り切取り切窓首切り截頭突上げ窓

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

生体肝移植の関連情報