コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肝移植 かんいしょく liver transplantation

6件 の用語解説(肝移植の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

肝移植
かんいしょく
liver transplantation

1963年にピッツバーク大学の T.スターツルが初めての肝移植を行なってから,80年代末までに世界で約 3000例が実施されている。免疫抑制剤シクロスポリンの開発 (1976年) 以後,その治療成績は飛躍的な向上を示し,最近では5年生存率はおよそ 70%である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

肝移植

末期の慢性肝疾患、肝臓がん急性肝不全、肝代謝異常などに対する最後の治療手段。死体肝移植と生体肝移植の2通りがある。外国ではほとんどが脳死した人の肝臓を患者に移植する死体肝移植だが、日本では生体の肝臓の一部を移植する生体肝移植が主に行われている。死体肝移植の成績は、3年生存率が81%と、よい結果が出ている。その理由は、拒絶反応を抑える免疫抑制剤の開発、主要組織適合性抗原の検査法の進歩、など。生体肝移植では、ドナーにおける安全性が問題になる。2003年5月には、女性ドナーが死亡する事例が発生した。

(今西二郎 京都府立医科大学大学院教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かん‐いしょく【肝移植】

末期肝不全の患者の肝臓を摘出し、健康な肝臓を移植する治療法。肝細胞癌肝硬変胆道閉鎖症バッドキアリー症候群劇症肝炎などで肝機能が著しく悪化し、内科的治療や肝切除などの外科治療では効果が期待できない場合に行われる脳死肝移植生体肝移植がある。日本では家族などが肝臓の一部を提供する生体肝移植が主流だが、欧米では脳死肝移植が主流。肝臓移植

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

肝移植【かんいしょく】

生体肝移植

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

家庭医学館の解説

かんいしょく【肝移植】

◎移植成績は急速に向上
 肝移植とは、患者さんの肝臓が十分にはたらかなくなり、機能不全状態となって余命がほとんど期待できなくなったときに、他人の肝臓を生着(せいちゃく)させるために行なう手術です。
 欧米では、脳死(のうし)状態の患者さんから臓器提供が行なわれるようになり、1980年代より急速に進歩し普及してきた技術です。
 日本でも1997年、法律により脳死が死とされるようになりました。死の考え方に西欧社会とは文化的な相違もあり、脳死での移植は行なわれませんでしたが、1999年に初めて、脳死肝移植が実施されました。
 この手術では、他者からの臓器を移植するため、移植後の臓器に対する免疫反応(めんえきはんのう)による拒絶反応が問題となります。そのために免疫抑制薬が使われますが、肝臓は比較的拒絶反応のおこりにくい臓器であり、ABOの血液型が一致していなくても移植が行なわれることもあります。日本で開発された新しい免疫抑制薬の臨床応用とともに、移植の成績が急速に改善してきました。
 欧米での肝移植後の成績は、原因疾患にもよりますが、全体的には5年生存率が約75%です。1年生存さえむずかしいと予測される症例を対象にしていることを考えると、きわめてよい成績といえます。さらに、移植は肝硬変(かんこうへん)の進んだ高危険群となってから行なうよりも、比較的軽症の低危険群で行なったほうが成績がよく、たとえば原発性胆汁性肝硬変(げんぱつせいたんじゅうせいかんこうへん)の患者さんで、高危険群では1年生存率が60%であり、軽症の低危険群の80%に比べてかなり低いため、移植の適応も徐々に軽症の肝硬変へと広がってきています。
◎生体肝移植(せいたいかんいしょく)が中心
 日本における肝移植は、脳死を死と認めるか否かの問題が解決しなかったために、欧米に比べて普及が遅れていました。
 生体肝移植とは、他人の肝臓の一部を生きたままとり、患者さんに移植するものですが、他人の死を前提とはしていません。脳死肝移植が不可能だった日本で普及しはじめ、脳死肝移植と同等、もしくはそれ以上の治療成績をあげています。提供できる臓器が一部であるため、その大きさに限界があり、子どもを対象に、母親などから臓器の提供が主として行なわれてきています。提供者の生命の危険がまったくないわけではなく、提供者の選択や安全性などの問題が残されています。
 肝移植の対象疾患は、小児では胆道閉鎖症(たんどうへいさしょう)、代謝性肝疾患(たいしゃせいかんしっかん)など、おとなでは原発性硬化性胆管炎(げんぱつせいこうかせいたんかんえん)、原発性胆汁性肝硬変、劇症肝炎(げきしょうかんえん)、代謝疾患、ウイルス疾患(B型、C型肝硬変)、アルコール性肝硬変肝細胞がんなどです。
 臓器の提供数(供給)に限界があるために、欧米では移植を受けるための優先順位がつけられます。ウイルス性肝疾患では移植後のウイルスのコントロールがむずかしいこと、肝細胞がんでは移植後の再発が問題となることなどから、優先順位は低くなっています。しかし、肝移植後に抗ウイルス薬を併用することなどにより、移植後もウイルスをコントロールし、長期の生存を得ようとする試みがなされ、よい成績をあげてきています。
 アルコール性肝硬変では、移植後に飲酒を再開し、再び肝硬変に進展する例も多くみられるため、移植肝の供給数の少ない現在では、欧米においても断酒がある一定の期間守られていることが確認されたうえでないと、移植の対象にはなりません。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

肝移植
かんいしょく

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

肝移植の関連キーワード生体部分肝移植移植免疫肝臓移植異種移植脳死肝移植ミラノ基準移植のための渡航生体肝移植のドナー臓器移植と親族関係脳死肝移植と生体肝移植

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

肝移植の関連情報