コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生作り いきづくり

3件 の用語解説(生作りの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

生作り【いきづくり】

生作り(いけづくり)

生作り【いけづくり】

〈いきづくり〉とも。〈活作り〉とも書く。刺身の一手法。生きたままのコイ,タイ,イセエビなどを頭や尾をそのままにし,身だけをそぎ切りまたは糸切りにして,もとの姿のように盛りつけ,つまを添える。
→関連項目刺身

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

いけづくり【生作り】

刺身の一種で,〈いきづくり〉ともいい,〈活作り〉とも書く。おもにコイ,タイ,イセエビなどでつくるが,生きたまま内臓をとり,三枚におろすにも,頭,尾,および皮は切り離さずに肉を切り取り,これを刺身に包丁して,もとの姿のように盛り付ける。薄くつくって洗いにすることもある。供された後も,頭や尾,あるいはエビの脚が動き,鮮度のよさを誇示しようという調理法である。【福田 浩】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

生作りの関連キーワード生き作り粋作り糸作り生け作り吹旁招き造糸作り/糸造り敷き妻平作り/平造り焼き霜作り/焼き霜造り

生作りの関連情報