コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生島半六 いくしま はんろく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

生島半六 いくしま-はんろく

?-1704 江戸時代前期の歌舞伎役者。
初代竹島幸左衛門に,のち生島新五郎に弟子入りする。実事丹前にすぐれ,江戸市村座の頭取となる。元禄(げんろく)17年(1704)2月同座で「移徙(わたまし)十二段」に出演中,楽屋で口論のすえ初代市川団十郎を刺殺し,宝永元年4月3日獄死した。初名は杉山半六。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の生島半六の言及

【市川団十郎】より

…狂言作者としては,三升屋兵庫(みますやひようご)の筆名を併せ用いた。1704年(元禄17)2月江戸市村座の《わたまし十二段》に出演中,役者の生島半六に刺殺された。(2)2世(1688‐1758∥元禄1‐宝暦8)初世の長男。…

※「生島半六」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

生島半六の関連キーワード市川団十郎(初代)市川団十郎

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android