コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

限りの太鼓 カギリノタイコ

デジタル大辞泉の解説

かぎり‐の‐たいこ【限りの太鼓】

江戸時代、上方(かみがた)の遊郭大門をしめる時刻を知らせるために打った太鼓。門限は、寛永(1624~1644)は四つ(午後10時ごろ)、貞享元禄(1684~1704)ごろには九つ(午前零時ごろ)、宝永(1704~1711)初年には八つ(午前2時ごろ)であったという。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かぎりのたいこ【限りの太鼓】

江戸時代、大坂新町遊郭で、門限を知らせるために打つ太鼓。寛永(1624~1643)頃は夜の四つ時。のち、次第に遅れて九つ時・八つ時となる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

限りの太鼓の関連キーワード三番太鼓江戸時代四つ時八つ時

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android