十二段(読み)ジュウニダン

デジタル大辞泉の解説

じゅうにだん〔ジフニダン〕【十二段】

十二段草子(ぞうし)」の略。
浄瑠璃。時代物。五段。近松門左衛門作。元禄3年(1690)大坂竹本座初演。「十二段草子」に、謡曲鞍馬天狗」「張良」「熊坂」「隅田川」などを加えて脚色したもの。
歌舞伎舞踊。富本。のち清元に改調。本名題「十二段君が色音(いろね)」。初世桜田治助作詞、名見崎徳治作曲。安永9年(1780)江戸市村座初演。
長唄。5世杵屋六三郎作曲。嘉永3年(1850)発表。「十二段草子」を題材に、上下二段に作曲したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅうにだん【十二段】

浄瑠璃の一。近松門左衛門作。1690年竹本座初演。「十二段草子」を題材とし、能の「鞍馬天狗くらまてんぐ」「張良」「熊坂」「隅田川」を取り入れて脚色。
長唄の一。1850年五世杵屋きねや六三郎作曲。「十二段草子」の牛若丸と浄瑠璃姫の恋を上下二段に構成したもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

事実婚

内縁と同様,法律上の婚姻成立要件を欠くカップルの関係。内縁との違いは,当該男女が,現行の婚姻制度に対しなんらかの疑問をもち,積極的・自発的に法律婚を選択しないという点にある。たとえば,今日の法律婚は女...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

十二段の関連情報