コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十二段 ジュウニダン

デジタル大辞泉の解説

じゅうにだん〔ジフニダン〕【十二段】

十二段草子(ぞうし)」の略。
浄瑠璃。時代物。五段。近松門左衛門作。元禄3年(1690)大坂竹本座初演。「十二段草子」に、謡曲鞍馬天狗」「張良」「熊坂」「隅田川」などを加えて脚色したもの。
歌舞伎舞踊。富本。のち清元に改調。本名題「十二段君が色音(いろね)」。初世桜田治助作詞、名見崎徳治作曲。安永9年(1780)江戸市村座初演。
長唄。5世杵屋六三郎作曲。嘉永3年(1850)発表。「十二段草子」を題材に、上下二段に作曲したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅうにだん【十二段】

浄瑠璃の一。近松門左衛門作。1690年竹本座初演。「十二段草子」を題材とし、能の「鞍馬天狗くらまてんぐ」「張良」「熊坂」「隅田川」を取り入れて脚色。
長唄の一。1850年五世杵屋きねや六三郎作曲。「十二段草子」の牛若丸と浄瑠璃姫の恋を上下二段に構成したもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

十二段の関連キーワード中村清五郎(初代)山彦源四郎(3代)光島七郎左衛門端折る・爪折る遠江森町の舞楽嵐音八(初代)浄瑠璃姫物語中津五左衛門歌舞伎舞踊源氏十二段浄瑠璃供養弟は血の緒浄瑠璃物語白井喬二生島半六小国神社津打菅祈滝野検校大覚野峠金売吉次

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

十二段の関連情報