生態学的効率(読み)せいたいがくてきこうりつ(英語表記)ecological efficiency

世界大百科事典 第2版の解説

せいたいがくてきこうりつ【生態学的効率 ecological efficiency】

すべての生物エネルギー物質を取りこみ自己のからだを作ったり,活動したりしている。その際の取りこんだエネルギーに対する同化したエネルギーの量的関係を利用効率として表すことがある。同様に,生態系において,それを構成しているさまざまな栄養段階においてエネルギーの利用効率を求めることができる。リンデマンR.L.Lindemanは生態系の概念を確立した古典的な研究(1942)において,ある栄養段階の同化エネルギー⊿nとそのすぐ下位の栄養段階の同化エネルギー⊿n-1の比⊿n/⊿n-1を求め,これを累進効率progressive efficiencyと呼んだ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android