コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生江息嶋 いくえの おきしま

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

生江息嶋 いくえの-おきしま

?-? 奈良時代の豪族。
越前(えちぜん)(福井県)足羽(あすわ)郡の目代(もくだい)(代官)。天平宝字(てんぴょうほうじ)3年(759)ごろから道守床足(ちもりの-とこたり)とともに同郡の東大寺領荘園の経営にたずさわる。天平神護3年(767)寺領(墾田)の買い入れに関与し,生江東人(あずまひと)らと荘の管理にあたった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

生江息嶋

生年:生没年不詳
奈良時代,越前国足羽郡(福井県)の人。郡内有力氏族の一員で,天平宝字2(758)年ごろから東大寺領荘園の経営にかかわり,天平神護2(766)年には同郡道守荘・鴫野村の灌漑水路の開設に東大寺使のひとりとして参画。また同3年には足羽郡目代として寺田の買い入れにもかかわった。

(原秀三郎)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

生江息嶋の関連キーワード生年

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android