生活支援サービス業(読み)せいかつしえんサービスぎょう

百科事典マイペディア「生活支援サービス業」の解説

生活支援サービス業【せいかつしえんサービスぎょう】

家事の一部を代行するなど,個人の家庭生活を手助けするサービス。中心となるのは高齢者を対象とした介護サービス,共働き家庭などを対象とした育児サービス,ハウスクリーニングや食事宅配などの家事代行サービスの三つの分野。 高齢者介護サービスは厚生省が1995年に発表した新ゴールドプランが在宅サービスの拡充を中心に据えたことから注目を集めた。さらに,2000年に導入される介護保険制度では,ホームヘルプサービスデイサービスをはじめ,訪問看護,リハビリテーション指導,住宅改善などが保険内で行われることとなったため,これらの業種への新規参入が相次いでいる。 一方,育児サービスは女性の社会進出や核家族化の進行を背景に需要が高まっており,これに政府や自治体少子化対策のねらいが加わって多様なサービスが登場してきた。 家事代行サービスのうちハウスクリーニング・サービスは,1995年の市場規模300億円が2005年には1200億円に拡大すると予測されている有望業種。食事宅配サービスも在宅高齢者,共働き家庭だけでなく,糖尿病や腎臓病患者などを含めた幅広い利用者層がある。特に高齢者向けの食事宅配は,介護保険適用外にもかかわらず多くの自治体が予算化しており,今後著しい成長が期待される。
→関連項目ケータリング・サービス

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ペルソナ・ノン・グラータ

好ましくない人の意。国際法上,外交使節団の長 (大使) のアグレマンを求められた国は,自国にとって好ましくない人物と判断した場合,理由を示さず派遣を拒否できる。着任後好ましくない人物であることが判明し...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android