生活構造(読み)せいかつこうぞう(英語表記)standard system of living

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生活構造
せいかつこうぞう
standard system of living

物質的,社会的,文化的諸条件ならびに時間的,空間的枠組みのもとにおいて個人ないし家族の営む生活行動に観察される構造の体系。広義の生活の再生産行動を時間・空間・物的手段,金銭,役割関係,規範などの制約条件的枠組みからとらえ,そこに存在する再生産の循環構造や規則性を明らかにし,また当事者の意識との関連をとらえようとするのが生活構造論である。しかしこれは,家族生活や地域生活の変化を通して社会変動が生活者に及ぼすインパクトをとらえるという問題意識や,個人の意識構造と社会構造の媒介変数として生活構造を据えるという理論的関心において共通性をもってはいても,さまざまな生活構造論はまだ体系的な理論を確立するにいたっていない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

生活構造の関連情報