コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生活構造 せいかつこうぞう standard system of living

1件 の用語解説(生活構造の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生活構造
せいかつこうぞう
standard system of living

物質的,社会的,文化的諸条件ならびに時間的,空間的枠組みのもとにおいて個人ないし家族の営む生活行動に観察される構造の体系。広義の生活の再生産行動を時間・空間・物的手段,金銭,役割関係,規範などの制約条件的枠組みからとらえ,そこに存在する再生産の循環構造や規則性を明らかにし,また当事者の意識との関連をとらえようとするのが生活構造論である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生活構造の関連キーワードアーバニズム社会心理学社会的性格貞操並びに文化的ルミフラビンライフ・スタイル経済的,社会的及び文化的権利に関する国際規約《聖学ならびに世俗的諸学綱要》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone