コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

産地問屋 さんちどんや

世界大百科事典 第2版の解説

さんちどんや【産地問屋】

産地問屋ともいう。卸売活動は大きく収集,中継,分散の3段階に分けられるが,そのうち主として生産者からの製品収集活動を専門にしているような卸売商のことをいい,商法上の問屋とは違う。とくに,特定の地域に同一業種の中小零細な生産者が集中的に立地して産地を形成している場合,そこで製品を収集し,生産者に代行して販売業務に携わるような卸売商が産地問屋の典型である。本来,産地問屋は,単に中小零細な生産者の製品の収集と販売に従事するだけでなく,生産者に対する原材料の調達や資金の貸付け,デザイン等製品の企画,また生産工程が細分化され専門業者ごとに分業化されている場合にはその統括・組織化など,多様な機能を果たしていたものが多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

産地問屋
さんちどんや

産地卸」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

産地問屋の関連キーワード地場産業商品鑑定仲買人1次卸商業

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android