コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

産地問屋 さんちどんや

2件 の用語解説(産地問屋の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

さんちどんや【産地問屋】

産地問屋ともいう。卸売活動は大きく収集,中継,分散の3段階に分けられるが,そのうち主として生産者からの製品収集活動を専門にしているような卸売商のことをいい,商法上の問屋とは違う。とくに,特定の地域に同一業種の中小零細な生産者が集中的に立地して産地を形成している場合,そこで製品を収集し,生産者に代行して販売業務に携わるような卸売商が産地問屋の典型である。本来,産地問屋は,単に中小零細な生産者の製品の収集と販売に従事するだけでなく,生産者に対する原材料の調達や資金の貸付け,デザイン等製品の企画,また生産工程が細分化され専門業者ごとに分業化されている場合にはその統括・組織化など,多様な機能を果たしていたものが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

産地問屋の関連情報