コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

産業人類学 さんぎょうじんるいがく industrial anthropology

1件 の用語解説(産業人類学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

産業人類学
さんぎょうじんるいがく
industrial anthropology

人類学者 C.クラックホーンが 1949年に文化人類学と経営研究を結びつけるべく明らかにした構想。文化人類学と経営研究の最初の出会いは,E.メーヨーらによるホーソン実験である。それに続く研究調査を指導した F.J.レスリスバーガーが,B.マリノフスキーの『西太平洋の遠洋航海者』 Argonauts of the Western Pacific (1922) でみた文化人類学における調査技術法の「参与者観察法」を近代工場での小作業集団の研究に導入しようとしたことが,のちに経営における人間的要因の諸問題を提起することになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

産業人類学の関連キーワードクラックホーンバックホーバックホームバックホーンハック・ホークブラックホーク・ダウンブラック・ホーンホック・ホークリック・ホークカー‐ニューマンブラックホール

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone