コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

産業内貿易 さんぎょうないぼうえきinter-industry trade

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

産業内貿易
さんぎょうないぼうえき
inter-industry trade

産業間貿易ともいう。同産業の同種の製品について相互に輸出入が行われること。通常,貿易は発展途上国が1次産品や労働集約的な工業製品の生産を行い,先進国が資本・技術集約的な工業製品を生産するという垂直的国際分業が,比較優位や要素の賦存状況に応じて行われるが,近年の先進諸国間の貿易は,産業内貿易,すなわち水平的国際分業が主流となっている。これは,製品が標準品ではなく,消費者の好みの多様化に応じた差別化されたものが多くなっているからである。日本の場合も 1985年の円高以降製品輸入が急増し,産業内貿易が盛んになってきている。企業活動のグローバリゼーション,製品の差別化が進むにつれて今後もこの傾向は続くものと考えられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

産業内貿易の関連キーワードクルーグマン

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android