コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

用器画 ヨウキガ

デジタル大辞泉の解説

ようき‐が〔‐グワ〕【用器画】

定規・分度器・コンパスなどの製図器具を使用して幾何学的に描く技法。また、その図形。幾何画法。→自在画

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ようきが【用器画】

定規じようぎ・コンパス・分度器などを用いて図形を描く方法。 ↔ 自在画

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

用器画の関連キーワード川辺 外治平瀬作五郎中学生西敬