コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分度器 ブンドキ

5件 の用語解説(分度器の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぶんど‐き【分度器】

角度を測定するための器具。円形・半円形の薄い板に角度目盛りをつけたもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

分度器【ぶんどき】

角度を測定する器具。ふつう半円板の周囲に角度の目盛をつけたもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんどき【分度器 protractor】

製図用具の一つ。ふつう透明なアクリル板製の半円,あるいは全円状のもので,その円周上に1度あるいは30分ごとの目盛が設けられ,これにより角度の測定あるいは角度の設定を行う。最近では製図機械ハンドル部分に分度器が組み込まれており,バーニヤ目盛により5分ごとの角度が自由に設定できるようになっている。【大西 清】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ぶんどき【分度器】

角度をはかるための道具。半円形・円形の合成樹脂の板などに角度目盛りをほどこしたもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

分度器
ぶんどき

角度を割り出したり、測定するときに用いられる製図器具。普通半円形のプラスチックの薄板に180度の目盛りをつけたものが用いられる。またプラスチックの円形薄板に360度の目盛りを施したものや、金属の薄板を使用したものもある。精度の高いものとして遊標付き分度器もあるが、あまり精度を問題にしないで手軽に角度を測るものが普通、分度器とよばれている。細かく角度を測定するのには角度ゲージのような、より精度の高い測定器が使用される。[中山秀太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

分度器の関連キーワードメタクリル樹脂アクリルアクリル絵の具アクリルガラス烏口アクリル画アクリルゴムアクリル束子アクリルガッシュ製図用具

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

分度器の関連情報