田中とうがらし

デジタル大辞泉プラスの解説

田中とうがらし

京都府京都市で生産されるトウガラシ。小型で実は太く小さく、果実先端部がつまって獅子の頭のように見えることから「ししとうがらし」ともいう。来歴不詳だが、明治初期にはすでに左京区田中地区(旧田中村)で栽培されていた。同地区の農家が滋賀県から持ち帰った種子が起源との説もある。京都府により「京の伝統野菜」に認定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

田中とうがらし[香辛料]
たなかとうがらし

近畿地方、京都府の地域ブランド。
来歴は不詳であるが、明治時代初期には京都市左京区田中地区で栽培されていた記録がある。果実は太くて短かい。他のとうがらしより濃い緑色をしている。別名は、ししとうがらし。辛味が少ない。現在では京都市北区において、このとうがらしの系統と思われるものが栽培されている。京の伝統野菜。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ポスティングシステム

《「入札制度」の意》日本の球団に所属するプロ野球選手が、米国メジャーリーグへ移籍するための制度の一。所属球団の許可を得た選手のみが対象となる。所属球団は2000万ドルを上限に譲渡金を設定し、獲得を望む...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android