コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田中亀水 たなか きすい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田中亀水 たなか-きすい

1820-1867 江戸時代後期の画家。
文政3年生まれ。肥後熊本の人。肥後土佐派の祖福田太華にまなび,のち京都で吉田公均(こうきん)につき文人画をおさめる。草花や人物をえがく。土佐家にも出入りした。慶応3年死去。48歳。字(あざな)は暢。別号亀泉,文郷,生暢,武古。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

田中亀水の関連キーワードアンペールアングル電気工学イギリス領北アメリカ条例ルコック探偵阮福映ジョージアンペールラマルティーヌイコトイ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android