田中亀水(読み)たなか きすい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田中亀水 たなか-きすい

1820-1867 江戸時代後期の画家。
文政3年生まれ。肥後熊本の人。肥後土佐派の祖福田太華にまなび,のち京都で吉田公均(こうきん)につき文人画をおさめる。草花や人物をえがく。土佐家にも出入りした。慶応3年死去。48歳。字(あざな)は暢。別号亀泉,文郷,生暢,武古。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android