吉田公均(読み)よしだ こうきん

美術人名辞典の解説

吉田公均

幕末・明治の画家。越中新田郡生。通称は平吉、江上漁夫と号する。幼時より画を好み、松村景文・紀広正に師事した。人物・花卉を能くする。のち貫名菘翁に学び、専ら山水を描き画風が一変した。明治9年(1876)歿、73才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田公均 よしだ-こうきん

1804-1876 江戸後期-明治時代の日本画家。
文化元年生まれ。京都で山脇東暉(とうき)らにまなび,のち貫名海屋(ぬきな-かいおく)について文人画をおさめた。花鳥山水を得意とし,京都御所が新築されたとき,学問所杉戸に「花車図」をえがいた。明治9年死去。73歳。越中(富山県)出身。通称は平吉。別号に広均,田均

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android