コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田中二郎 たなか じろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田中二郎 たなか-じろう

1906-1982 昭和時代の行政法学者,裁判官。
明治39年7月14日生まれ。美濃部(みのべ)達吉のもとで母校東京帝大の助教授をつとめ,昭和16年教授。戦後は各種の政府審議会で答申案をまとめ,行政の民主化などを推進した。39年最高裁判事となり,「ハト派裁判官といわれたが,48年任期をのこして辞任。55年文化功労者。昭和57年1月16日死去。75歳。兵庫県出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の田中二郎の言及

【教育基本法】より

… 本法を発意し推進したのは,1946年5月に文部大臣に就任した田中耕太郎である。同年6月,田中文相が憲法改正議会において教育根本法の構想を明らかにしたのち,文相の意を受け,田中二郎参事が文部省のスタッフを指導して立案に当たった。同年8月設置された教育刷新委員会も,第1特別委員会を中心に審議し,11月第1回建議〈教育の理念及び教育基本法に関すること〉にみられるように,制定の基本方針を樹立した。…

※「田中二郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

田中二郎の関連キーワード原爆被爆者対策基本問題懇談会阿賀野川水銀中毒事件サリドマイド訴訟ラストボロフ事件サン(民族)コイ(民族)昭電疑獄事件メーデー事件美濃部達吉ポポロ事件青梅事件造船疑獄恵庭事件獲物分配砂川事件三鷹事件ピグミー松川事件昭和時代鹿地事件

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

田中二郎の関連情報