コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田中守平 たなか もりへい

2件 の用語解説(田中守平の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田中守平 たなか-もりへい

1884-1928 明治-大正時代の宗教家。
明治17年9月8日生まれ。36年桜田門明治天皇ロシアとの開戦を直訴,逮捕されるが,精神病者として郷里岐阜県にかえされる。その後山中での断食修行をとおして霊能力をえたとして,太霊道をひらいた。教典に「太霊道真典」。昭和3年12月7日死去。45歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

田中守平

没年:昭和3.12.7(1928)
生年:明治17.9.8(1884)
大正期の宗教家,太霊道の教祖。岐阜県恵那郡武並村に,田中虎之助の3男として生まれる。明治36(1903)年,日露戦争前夜,桜田門で天皇にロシアとの開戦を直訴して逮捕され,不敬罪の詮議を受けたが,精神病とみなされて郷里へ送還された。4カ月あまりの蟄居中,山中に籠もって断食修行をし,霊能力を身につけたとされる。同43年,宇宙の本源・神格である太霊について説いた『太霊道真典』を完成させ,翌年には宇宙霊学寮を開設し,宗教活動を開始した。霊子という生命の実体を働かせることによって,治病,悪癖矯正,霊能力の発動を可能とする霊子術は世間の注目を浴びたが,田中の突然の死去によって太霊道は消滅した。<著作>『太霊道の本義』<参考文献>宇宙霊学寮編『太霊道主元伝』

(川村邦光)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

田中守平の関連キーワード恵那峡恵那宗教家土岐川・庄内川梅沢英造高木政勝中野与之助橋本幸八郎深田長治水野くら子

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

田中守平の関連情報