コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田中将大 たなかまさひろ

知恵蔵の解説

田中将大

日本のプロ野球選手。投手、右投右打。1988年11月1日、兵庫県生まれ。身長188cm、体重93kg(2013年9月現在、球団公表)。東北楽天ゴールデンイーグルスに所属。背番号18。マネジメント事務所はホリプロに所属。妻はタレントの里田まい
伊丹市立昆陽里小学校1年生の時、少年野球チーム「昆陽里タイガース」に入り野球を始めた。当時のポジションは捕手で、投手だったチームメイトの坂本勇人(現・読売巨人ジャイアンツ)とバッテリーを組んでいた。伊丹市立松崎中学校時代は、ボーイズリーグの「宝塚ボーイズ」に所属して、投手兼捕手としてプレー。3年時には、関西南選抜にも選ばれている。
その後、駒澤大学附属苫小牧高等学校に入学し、最高時速150キロの速球とスライダーを武器に活躍。2年時の夏の甲子園では、主力投手として57年ぶり史上6校目の大会2連覇に貢献した。また、3年時の夏の甲子園では、決勝で早稲田実業学校高等部の斎藤佑樹投手(現・北海道日本ハムファイターズ)と対戦し、延長15回の末、1対1の引き分け。翌日、37年ぶりとなった決勝再試合に敗れ、準優勝で甲子園を終えた。
2006年9月のドラフト会議で、北海道日本ハムファイターズ、オリックス・バファローズ、横浜ベイスターズ(当時)、東北楽天ゴールデンイーグルスから1位指名を受け、抽選の結果、楽天が交渉権を獲得し、入団契約に至る。条件はいずれも推定で契約金1億円+出来高、年俸1500万円。
プロ入り1年目の07年から先発ローテーションに入り、この年11勝7敗でパ・リーグ新人王を獲得。08年、北京オリンピック日本代表。09年、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表に最年少で選ばれる。11年はシーズン19勝をあげ、防御率も2リーグ制以降ではプロ野球歴代5位、パ・リーグ歴代2位となる1.27を記録。この年、ベストナイン、最優秀防御率投手、最優秀投手、最多勝利投手、沢村賞、 ゴールデングラブ賞など多くのタイトルを獲得した。
12年は10勝にとどまったが、防御率は2年連続の1点台を記録。13年は、42イニング連続無失点をマークするなど開幕から好調を持続し、開幕連勝日本記録(従来は斉藤和巳らの15、大リーグでも19が最高)を24に更新。また連勝日本記録(従来は稲尾和久らの20)も28に更新し、月間MVPを5カ月連続受賞。通算12回の受賞は、イチローを抜いて単独トップ。この年は、ベストナイン、最優秀防御率投手など数多くのタイトルを獲得し、自身初となるMVPにも選ばれた。
14年には、新ポスティングシステムを利用して米国メジャーリーグ移籍を希望し、ニューヨーク・ヤンキースとの契約に合意。7年契約で、年俸総額は1億5500万ドル(約161億円)となる。

(葛西奈津子  フリーランスライター / 2013年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田中将大 たなか-まさひろ

1988- 平成時代のプロ野球選手。
昭和63年11月1日生まれ。投手。右投げ,右打ち。中学生時代は「宝塚ボーイズ」に所属。平成17年駒大苫小牧高2年夏の甲子園は主戦投手として優勝に貢献。翌年も決勝にすすみ,早稲田実業の斎藤佑樹と投げ合って敗れ,チームは準優勝となる。19年東北楽天ゴールデンイーグルスに入団。同年ソフトバンク戦で初勝利,年間11勝をあげて新人王を獲得した。同年オールスターゲームにも出場。21年WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の日本代表に選ばれた。23年最多勝利,最優秀防御率をあげて最優秀投手,沢村栄治賞に選ばれる。25年9月13日のオリックス戦で,稲尾和久の記録を更新するシーズン21連勝の日本プロ野球新記録を達成し,シーズン無敗で24連勝まで記録をのばした(前年からのリーグ連勝記録は28)。同年最多勝(24),最優秀防御率(1.27),勝率第1位(1.000)となり,沢村栄治賞,正力松太郎賞特別賞,パ・リーグ最優秀選手(MVP)。26年ニューヨーク・ヤンキースに移籍。兵庫県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

タレントデータバンクの解説

田中 将大


芸名
田中 将大

性別
男性

生年月日
1988/11/01

星座
さそり座

干支
辰年

出身地
兵庫県

身長
188cm

体重
90kg

ブログタイトル
田中将大オフィシャルブログ「気持ち」

ブログURL
http://ameblo.jp/tanaka-masahiro/

職種
スポーツ

プロフィール
兵庫県伊丹市出身。小学校1年から野球を始め、中学時代は投手兼捕手としてプレーし、関西南選抜に選ばれる。その後、駒澤大学附属苫小牧高等学校に入学。最高150km/hの速球と縦に落ちる高速スライダーを武器に、高校通算458奪三振を記録。周囲からは「怪物」「世代最強エース」と評される。2005年、2年時の夏の甲子園では、57年ぶり史上6校目の大会2連覇に貢献。また、2006年3年時の夏の甲子園での早稲田実業との決勝戦は37年ぶりの引分け再試合で、その年のスポーツを象徴する名場面となった。プロ入りの際は高校生ドラフトにおいて4球団より1位指名を受け、東北楽天ゴールデンイーグルスに入団。プロ1年目の2007年、年間を通して先発ローテーションを守り、高卒ルーキーとしては8年ぶりのパ・リーグ新人王を受賞する。2年目の2008年、北京五輪野球日本代表24名の中に最年少選出される。3年目の2009年、シーズン開幕前に開催されたWBCには日本代表28名の中に最年少選出される。2013年には2度目の沢村賞受賞。

出典 株式会社タレントデータバンクタレントデータバンクについて 情報

田中将大の関連キーワード東京六大学野球人気復活クオリティー・スタートD.J. ホールトンポスティングシステム東京六大学野球カントリー娘。松下アキラ先発6人制PRP治療松坂世代右打ち丸朋子安藤龍

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

田中将大の関連情報