コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲尾和久 いなおかずひさ

5件 の用語解説(稲尾和久の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

稲尾和久
いなおかずひさ

[生]1937.6.10. 大分,別府
[没]2007.11.13. 福岡,福岡
プロ野球選手。 1956年高校卒業と同時に西鉄ライオンズに投手として入団,21勝をあげて新人王。三原脩指揮のもと,打撃陣の中西太,大下弘豊田泰光らと並び投手陣の柱として西鉄黄金時代を築く。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いなお‐かずひさ〔いなを‐〕【稲尾和久】

[1937~2007]プロ野球選手・監督。大分の生まれ。昭和31年(1956)西鉄(西武の前身)に入団、投手として活躍し、1年目から21勝をあげて新人王となる。同33年巨人との日本シリーズで、3連敗後の4試合すべてに登板、チームを勝利へ導き「神様、仏様、稲尾様」と称えられる。同36年プロ野球記録の42勝を記録。通算276勝。引退後は西鉄・太平洋クラブロッテの監督を務めた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

稲尾和久【いなおかずひさ】

プロ野球選手。投手。大分県出身。大分県立別府緑丘(みどりがおか)高校を卒業後,パシフィック・リーグの西鉄ライオンズに入団。エースとして活躍し,1969年現役引退。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稲尾和久 いなお-かずひさ

1937-2007 昭和時代後期のプロ野球選手,監督。
昭和12年6月10日生まれ。昭和31年西鉄に入団し,21勝で新人王。剛腕のエースとして,中西太らと西鉄の黄金時代をきずく。32年から3年連続30勝以上,36年は42勝。33年巨人相手の日本シリーズで3連敗のあと4連投,逆転優勝につくし「神様,仏様,稲尾様」とよばれた。実働14年,通算276勝137敗,防御率1.98。西鉄(のち太平洋),ロッテ監督をつとめた。平成5年野球殿堂入り。平成19年11月13日死去。70歳。大分県出身。別府緑丘高(現芸術緑丘高)卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

稲尾和久
いなおかずひさ
(1937―2007)

プロ野球選手(投手:右打右投)、監督。6月10日、大分県生まれ。別府緑丘高(現、芸術緑丘(みどりがおか)高)から1956年(昭和31)に西鉄ライオンズ(現、埼玉西武ライオンズ)へ入団、1年目から21勝をあげる活躍で最優秀防御率のタイトルを手にし、新人王に選ばれた。抜群の制球力で切れ味鋭いスライダーを操って、打者を手玉に取り、2年目の1957年は最多勝利と最優秀防御率の二冠で最高殊勲選手(現、最優秀選手)に輝いた。翌1958年は最多奪三振も加えた投手三冠王となり、2年連続最高殊勲選手受賞。同年西鉄はリーグ優勝し、日本シリーズで巨人と対戦したが、3連敗したところからひとりで4連勝するという奇跡的な活躍を演じ、「神様、仏様、稲尾様」と称えられた。1961年にはプロ野球記録となる年間78試合の登板で、1939年のスタルヒンに並ぶ42勝の年間最多勝利をマーク、2回目の投手三冠王にも輝いた。1963年に最多勝利と最多奪三振の二冠を獲得。1966年の最優秀防御率が最後のタイトルとなり、1969年で引退。実働14年の短い期間で、歴代8位の通算276勝をあげ、また通算防御率1.98は歴代3位である。1970年から1972年まで西鉄、1973年、1974年は太平洋クラブライオンズ(西鉄が球団譲渡)の監督を務め、さらに1984年から1986年までロッテオリオンズ(現、千葉ロッテマリーンズ)の監督を務めた。[出村義和]
 選手としての14年間の通算成績は、登板試合756、投球回3599、276勝137敗、防御率1.98、奪三振2574、完投179、完封43。獲得したおもなタイトルは、新人王、最多勝利4回、最高勝率2回、最優秀防御率5回、最多奪三振3回、最高殊勲選手(現、最優秀選手)2回、ベストナイン5回。監督としての通算成績(8年)は、1040試合、431勝545敗64分け、勝率4割4分2厘。1993年(平成5)に野球殿堂(野球殿堂博物館)入り。[編集部]
『稲尾和久著『神様、仏様、稲尾様――私の履歴書』(2002・日本経済新聞社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

稲尾和久の関連キーワード大下弘江藤慎一大杉勝男張本勲プロ野球熱スタ2007池永正明越智正典木塚忠助並木輝男松原誠

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

稲尾和久の関連情報