コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田中愿仲 たなか げんちゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田中愿仲 たなか-げんちゅう

1732-1792 江戸時代中期の医師。
享保(きょうほう)17年生まれ。播磨(はりま)曾根村(兵庫県高砂市)の人。京都で吉益東洞(とうどう)に古医方をまなび,帰郷して開業。のち子の栄忠らと大坂に出,診療にあたる。畑黄山(こうざん)が「斥医断」で東洞の「医断」を批判すると,「弁斥医断」をあらわして反論し,師説を発展させた。寛政4年11月16日死去。61歳。名は栄信(ひでのぶ)。号は張海。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

田中愿仲の関連キーワード田中栄信享保

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android