コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田中愿仲 たなか げんちゅう

1件 の用語解説(田中愿仲の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田中愿仲 たなか-げんちゅう

1732-1792 江戸時代中期の医師。
享保(きょうほう)17年生まれ。播磨(はりま)曾根村(兵庫県高砂市)の人。京都で吉益東洞(とうどう)に古医方をまなび,帰郷して開業。のち子の栄忠らと大坂に出,診療にあたる。畑黄山(こうざん)が「斥医断」で東洞の「医断」を批判すると,「弁斥医断」をあらわして反論し,師説を発展させた。寛政4年11月16日死去。61歳。名は栄信(ひでのぶ)。号は張海。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

田中愿仲の関連キーワード筒井村作兵衛若林強斎山科別院山科本願寺アダム[兄弟]加藤暁台高沢忠順竹本政太夫(3代)加藤暁台加藤暁台

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone