コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田中算翁 たなか さんおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田中算翁 たなか-さんおう

1802-1873 江戸時代後期の和算家。
享和2年生まれ。武蔵(むさし)忍(おし)藩(埼玉県)藩士。古川氏清の至誠賛化流算学をおさめ,黒沢翁満(おきなまろ)に国学をまなぶ。嘉永(かえい)6年から藩の算術師範をつとめ,のち藩校の培根堂,国学館でおしえた。明治6年6月7日死去。72歳。名は千村(ちむら),昌言。通称は富五郎。別号に方円堂,玉廼屋。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

田中算翁の関連キーワード光の科学史グエン(阮)朝ドニエプロペトロフスク十返舎一九グエン朝常磐津兼太夫青木夙夜唐衣橘洲ナッシュ工場法

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone