コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒沢翁満 くろさわ おきなまろ

美術人名辞典の解説

黒沢翁満

国学者。名は重礼、号は葎居。伊勢桑名生。本居宣長の門人。賀茂真淵に私淑して古学を学び、また和歌雅文に長けた。武州忍藩に仕え、大阪留守居役となる。著書に『葎居集』『言霊抄』等がある。安政6年(1859)歿、65才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

黒沢翁満 くろさわ-おきなまろ

1795-1859 江戸時代後期の国学者。
寛政7年生まれ。伊勢(いせ)(三重県)桑名藩士だったが,文政6年国替えにより武蔵忍(おし)藩(埼玉県)にうつる。晩年は大坂留守居役。賀茂真淵(かもの-まぶち)に私淑して独学で国学を研究。和歌にすぐれたほか,古典注釈,言語論などでおおくの著書をあらわした。安政6年4月29日死去。65歳。名は重礼。通称は八左衛門。別号に葎居(むぐらい)。著作に「古今集大全」「言霊のしるべ」など,家集に「葎居集」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

黒沢翁満

没年:安政6.4.19(1859.5.21)
生年:寛政7(1795)
江戸後期の国学者,歌人。桑名藩(三重県)藩士重孝の長男。通称九蔵,八左衛門。名重礼。屋号葎居。藩士としては,文化4(1807)年,13歳で出仕。文政6(1823)年,29歳のとき藩主松下忠尭の国替に従って武蔵国忍(埼玉県行田市)に移住。50歳のころから藩財政を掌握し,大坂蔵屋敷に勤めた。文業の面では,幼年のころから才気煥発で狂歌戯作を好み,山東京伝を慕ったが,20歳のとき,手紙によって京伝に諫められ,国学に志した。賀茂真淵を尊敬し,自邸にその霊を祀って道祖命と名付け朝夕礼拝したという。青年期に相当量の国書を読破し,独学で国学者,歌人としての地位を築いた。大坂勤めの際には伊勢にも立ち寄り,そのために大坂と伊勢の門人が多い。家集に伊勢の門人らが編んだ『葎居前集』(1857)のほか,『葎居後集』『葎居集』がある。著書は作文,古典注釈,語学,随筆など多岐多数。奇書とされる艶書『藐姑射秘言』もある。趣味広く,酒を好んで嗜んだ。墓所は大坂口縄坂の珊瑚寺。<参考文献>渡辺刀水「黒沢翁満」(『渡辺刀水集2』日本書誌学大系47の2)

(飯倉洋一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

くろさわおきなまろ【黒沢翁満】

1795~1859) 江戸後期の歌人。通称、八左衛門。号は葎居むぐらい。伊勢桑名藩士。賀茂真淵に私淑。著「古今集大全」「言霊のしるべ」、家集「葎居集」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黒沢翁満
くろさわおきなまろ

[生]寛政7(1795).桑名
[没]安政6(1859).4.29. 大坂
江戸時代後期の国学者。通称は八左衛門。名は重礼。号は葎居。桑名藩に仕え,晩年は大坂留守居役。本居宣長に私淑。主著『神道学則』『万葉集大全』『言霊 (ことだま) 鈔』『藐姑射秘言 (はこやのひめごと) 』。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報