コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田中鶴吉 たなか つるきち

2件 の用語解説(田中鶴吉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田中鶴吉 たなか-つるきち

1855-? 明治時代の製塩技術者。
安政2年生まれ。幕臣の子。11歳のとき家出し,アメリカ商船のボーイとなり渡米。サンフランシスコの商館勤務をへて,製塩会社にはいり,天日製塩法をまなぶ。明治13年帰国。東京深川で試験塩田をつくるが,暴風雨で壊滅。のち各地で製塩法の普及につとめた。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

田中鶴吉

没年:没年不詳(没年不詳)
生年:安政2(1855)
明治初期,日本で天日製塩法を企てた事業家。幕臣田中右馬之允の長男として安政2(1855)年江戸狸穴に生まれる。11歳で家出し米国商船のボーイとなり,のちサンフランシスコの商館に勤めた。1873年,天日製塩法の習得を志して新鋭製塩会社に入社,明治12(1879)年たまたま訪れた千葉県の前田喜代松(酪農事業の先駆者)の勧めで帰国し,東京深川地先に試験塩田を築造した。しかし,いざ操業というとき不運にも暴風雨のため塩田は壊滅してしまう。再建を諦めて天日製塩の利を説いて各地を巡ったが成果なく,14年小笠原諸島へ渡り塩田開発を計ったが実現しなかった。19年再びアメリカへ渡った。<参考文献>田村栄太郎『日本の技術者』

(村上正祥)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

田中鶴吉の関連キーワード塩法天日製塩議官事業家天日天日塩自然塩叛臣春藤武平野崎丹斐太郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone