コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田付東渓 たつけ とうけい

1件 の用語解説(田付東渓の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田付東渓 たつけ-とうけい

1757-1833 江戸時代後期の蒔絵(まきえ)師。
宝暦7年生まれ。京都の人。印籠(いんろう)蒔絵にすぐれた。絵を松村呉春(月渓)の門にまなび,松村景文,岡本豊彦らとまじわる。師の偽画をかいたとつたえる。また賀茂季鷹(かもの-すえたか)に和歌をまなんで狂歌をよくした。天保(てんぽう)4年死去。77歳。名は寿秀。字(あざな)は長蘭。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

田付東渓の関連キーワードプラッシーの戦白粒岩ロスバハの戦い岸沢式佐瀬川如皐島津重豪都築弥厚イサベル[2世]しし座流星群カルリスタ戦争

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone