コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田夫物語 でんぷものがたり

1件 の用語解説(田夫物語の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

でんぷものがたり【田夫物語】

仮名草子。作者不詳。寛永年間(1624‐44)刊か。問答体の形式をとる男色女色の優劣論。書名の由来は,男色愛好者が〈華奢者(きやしやもの)〉(風流な伊達者)であるのに対し,女色支持者を〈田夫者〉(田舎者)と規定することによっており,当時の衆道の流行ぶり,それを風流とみる風潮もうかがえる。たがいに相手をののしり,和漢の故事を引いては自己を権威づけ,みずからの正当性を主張する論争は,最後は常識的な女色側の勝ちとなるが,この両色優劣論は,八文字屋本に至るまで幾度となく繰り返し取り上げられるテーマであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

田夫物語の関連キーワード薄雪物語仮名草子丹緑本棠陰比事仁勢物語尤草紙仮名本貸本屋恵中苗村常伯

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone