コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田村松魚 たむら しょうぎょ

1件 の用語解説(田村松魚の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田村松魚 たむら-しょうぎょ

1874-1948 明治-昭和時代前期の小説家。
明治7年2月4日生まれ。幸田露伴に師事。明治36-42年アメリカに留学。帰国後,同門の佐藤とし(田村俊子)と結婚。「北米の花」「乱調子」などをのこしたのみで,もっぱら妻を作家として世にだすことに尽力した。のち離婚。昭和23年3月6日死去。75歳。高知県出身。本名は昌新(まさとし)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の田村松魚の言及

【田村俊子】より

…1902年(明治35)幸田露伴の門に入り,露英の号を与えられ《露分衣(つゆわけごろも)》を発表した。同門の兄弟子田村松魚と恋愛,09年結婚。松魚に勧められて《大阪朝日新聞》の懸賞小説に応募,《あきらめ》が1等当選となり,11年同紙に連載されて文壇に進出した。…

※「田村松魚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

田村松魚の関連キーワード大谷登河野秀男志賀和多利田中譲頼母木駒子土屋岩保十時弥能村磐夫堀覚太郎三代芳松

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone