コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文芸倶楽部 ぶんげいくらぶ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

文芸倶楽部
ぶんげいくらぶ

文芸雑誌。 1895年1月~1933年1月。臨時増刊を含め約 700冊を発行。博文館が種々の雑誌を統合して創刊したもので,明治中期の最も権威ある文芸誌と目され,樋口一葉の『にごりえ』,泉鏡花の『外科室』,広津柳浪の『今戸心中』,国木田独歩の『窮死』,岡本綺堂の『修禅寺物語』など文学史を飾る傑作,問題作を掲載した。しかし,明治 40年代の新しい文学動向の台頭に対応することができず,次第に通俗娯楽雑誌に変質していった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

文芸倶楽部
ぶんげいくらぶ

文芸雑誌。1895年(明治28)1月~1933年(昭和8)1月。457冊(増刊を除く)。博文館発行。編集人は石橋思案(しあん)、三宅青軒(みやけせいけん)、田村松魚(しょうぎょ)ら。博文館が1895年、その当時出していた文芸雑誌を統合する形で出したもので、春陽堂の『新小説』と並び純文学の立場にたった有力文芸誌であった。それだけに執筆者も大家、新進と多彩であり、広津柳浪(ひろつりゅうろう)の『今戸心中』(1896)、樋口一葉(ひぐちいちよう)の『たけくらべ』(1895)、国木田独歩(どっぽ)の『源叔父(げんおじ)』(1897)など問題作、名作を多数掲載し、明治文学のために大いに貢献した。しかし明治末ごろからしだいに通俗化し、大衆娯楽雑誌となって終わった。[畑 実]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

文芸倶楽部の関連キーワード大塚楠緒子(おおつかくすおこ)柳川一蝶斎(3代)新小説(文芸雑誌)哥沢芝金(3代)橘家円喬(4代)桂文治(6代)石橋 思案鈴木 春浦武田 鶯塘田村 松魚海賀 変哲新田 静湾大塚楠緒子半七捕物帳山中 古洞清水 紫琴博文館新館岩田 烏山森下 雨村田村 西男

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android