コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文芸倶楽部 ぶんげいくらぶ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

文芸倶楽部
ぶんげいくらぶ

文芸雑誌。 1895年1月~1933年1月。臨時増刊を含め約 700冊を発行。博文館が種々の雑誌を統合して創刊したもので,明治中期の最も権威ある文芸誌と目され,樋口一葉の『にごりえ』,泉鏡花の『外科室』,広津柳浪の『今戸心中』,国木田独歩の『窮死』,岡本綺堂の『修禅寺物語』など文学史を飾る傑作,問題作を掲載した。しかし,明治 40年代の新しい文学動向の台頭に対応することができず,次第に通俗娯楽雑誌に変質していった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

文芸倶楽部【ぶんげいくらぶ】

文芸雑誌。博文館発行。1895年1月―1933年1月。普通号で通巻457冊,臨時増刊号も150冊におよぶ。博文館が《世界文庫》《明治文庫》などを整理統合して創刊。
→関連項目大橋佐平大町桂月修禅寺物語太陽たけくらべ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

文芸倶楽部
ぶんげいくらぶ

文芸雑誌。1895年(明治28)1月~1933年(昭和8)1月。457冊(増刊を除く)。博文館発行。編集人は石橋思案(しあん)、三宅青軒(みやけせいけん)、田村松魚(しょうぎょ)ら。博文館が1895年、その当時出していた文芸雑誌を統合する形で出したもので、春陽堂の『新小説』と並び純文学の立場にたった有力文芸誌であった。それだけに執筆者も大家、新進と多彩であり、広津柳浪(ひろつりゅうろう)の『今戸心中』(1896)、樋口一葉(ひぐちいちよう)の『たけくらべ』(1895)、国木田独歩(どっぽ)の『源叔父(げんおじ)』(1897)など問題作、名作を多数掲載し、明治文学のために大いに貢献した。しかし明治末ごろからしだいに通俗化し、大衆娯楽雑誌となって終わった。[畑 実]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

文芸倶楽部の関連キーワード検察官(司法)深刻小説日清戦争山田哲人秋山 登観念小説文芸倶楽部閔妃暗殺事件金弘集ブラウンス

文芸倶楽部の関連情報