田楽豆腐(読み)でんがくどうふ

精選版 日本国語大辞典「田楽豆腐」の解説

でんがく‐どうふ【田楽豆腐】

〘名〙 長方形に切った豆腐に刺し、練り味噌をぬって焼いた料理。田楽を舞う法師のいでたちに形が似ているところから名づけられた。また、味噌に木の芽をすりまぜて用いるものを木の芽楽という。田楽。《・春》
※蔭凉軒日録‐永享九年(1437)七月五日「毎御精進日。可田楽豆腐之由被命」
※宗長手記(1522‐27)下「田楽たうふの盃たび重なりて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「田楽豆腐」の解説

でんがく‐どうふ【田楽豆腐】

長方形に切った豆腐をくしに刺して火であぶり、味噌を塗ってさらに焼いたもの。田楽。おでん 春》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の田楽豆腐の言及

【田楽】より

…豆腐を細長く切って竹串を打ち,みそを塗ってあぶった料理。田楽豆腐の略。田楽の名は串に刺した豆腐の形が長い棒に横木をつけた鷺足(さぎあし)に乗って踊る田楽法師の姿に似ているためだという。…

※「田楽豆腐」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android