田舎回(読み)いなかまわり

  • いなかまわり ゐなかまはり

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 官吏や会社員などが、地方にある方々の支所、支店に移り勤めること。田舎巡り。
※花ごもり(1894)〈樋口一葉〉三「判事試験に、首尾よく及第して奏任のはしに列らなりたり共、田舎(ヰナカ)まはりに幾年を渡り」
② 商人、芸人などが、田舎を回り歩いてかせぐこと。また、その人。田舎巡り。
※坊っちゃん(1906)〈夏目漱石〉三「田舎巡りのヘボ絵師ぢゃあるまいし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android