コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田辺玄々 たなべ げんげん

美術人名辞典の解説

田辺玄々

江戸後期の書家。京都生。名は憲、字は伯表。東寺坊官で飛騨法眼に叙せられる。安政5年(1858)歿、65才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田辺玄々 たなべ-げんげん

1794/96-1859* 江戸時代後期の篆刻(てんこく)家。
寛政6/8年生まれ。京都の人。東寺の坊官で,法眼となる。亀,虎などをつまみとした陶印をつくり,当時の文人から珍重された。文政3年に刊行した「玄々瓷印譜」には,頼山陽,巻菱湖(りょうこ)などが題跋をよせている。安政5年12月21日死去。63/65歳。名は憲。字(あざな)は伯表。通称は飛騨(ひだ)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

田辺玄々の関連キーワード遠山廬山遠山蘆山篆刻寛政

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android