コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

由比光衛 ゆひ みつえ

2件 の用語解説(由比光衛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

由比光衛 ゆひ-みつえ

1860-1925 明治-大正時代の軍人。
万延元年10月15日生まれ。日清(にっしん)・日露戦争に従軍。大正3年陸軍大学校長。のち近衛(このえ)師団長,浦塩(ウラジオ)派遣軍参謀長,青島(チンタオ)守備軍司令官などをつとめ,8年陸軍大将。大正14年9月18日死去。66歳。土佐(高知県)出身。陸軍大学校卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

由比光衛

没年:大正14.9.18(1925)
生年:万延1.10.15(1860.11.27)
明治大正期の陸軍軍人。土佐(高知)藩士由比光索の長男。明治15(1882)年陸軍士官学校卒。24年陸軍大学校を優等で卒業。日清戦争(1894~95)には大本営参謀,次いで第2軍参謀,北清事変(1900)には臨時清国派遣隊参謀,日露戦争(1904~05)には第2軍参謀副長,次いで第8師団参謀長として出征した。44年には,日露戦争時の第2軍司令官奥保鞏参謀総長の下で参謀本部第1部長に任じられる。大正3(1914)年陸軍大学校長,翌年第15師団長。6年近衛師団長となり,翌年浦塩派遣軍参謀長としてシベリアに出兵。8年青島守備隊司令官を務め,大将に進む。12年軍事参議官,翌年予備役。4回の海外出兵では全て主要方面の参謀。

(鈴木淳)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

由比光衛の関連キーワード中村覚岡市之助河村正彦楠瀬幸彦児島惣次郎鮫島重雄篠尾明済津野田是重仁田原重行畑英太郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone