コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

由紀さおり ゆきさおり

3件 の用語解説(由紀さおりの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

由紀さおり

歌手、女優、司会者、タレント群馬県桐生市生まれ。小学生時代からひばり児童合唱団に所属し、本名の安田章子で童謡歌手としてデビューする。同合唱団には高校生まで所属し、童謡歌手として活動を続けた。その後、NHKの子ども向け番組で「歌のお姉さん」を務める他、アニメの声優やCM曲を歌うなど活動の幅を広げた。現在では女優や司会、バラエティ番組の出演なども多い。
1969年には由紀さおりと改名して「夜明けのスキャット」でデビューし、同年12月の第20回NHK紅白歌合戦に初出場を果たす。70年には「手紙」で、第12回日本レコード大賞歌唱賞、73年には「恋文」で第15回日本レコード大賞最優秀歌唱賞を受賞するなど、ヒット曲を数多く出す。
「由紀さおり」としては歌謡曲を中心に活動してきたが、85年からは姉の安田祥子と共に童謡歌手として活動を始める。童謡アルバム「あの時、この歌」の発売や、童謡コンサートを開催。姉妹の童謡コンサートは以後25年にわたって各地で開催された。また、アルバム「あの時、この歌」は、86年の第28回日本レコード大賞企画賞受賞など、多くの賞を獲得した他、99年には「あの時この歌」「歌・うた・唄」シリーズ児童福祉文化賞推薦作品に選ばれるなど社会的な評価が高い。また、美しい日本の童謡を次代に伝え普及に努めた姉妹の活動に対して、94年に第42回菊池寛賞(日本文学振興会)が授与されている。更に姉妹には99年に平成11年度児童福祉文化賞も授与された。
由紀さおりは歌手として活動する一方で女優としても活躍し、83年に映画「家族ゲーム」に出演し83年度毎日映画コンクール助演女優賞を受賞。その後も角川映画「早春物語」に出演するなど映画、テレビで精力的に活動を続ける。
2009年にはデビュー40周年を迎え、記念のコンサート開催やアルバムを発表。また、11年にアメリカジャズオーケストラピンク・マルティーニ」と共演したアルバム「1969」を世界22カ国でリリースし、1週間で3147枚を売り上げるヒットとなった。この作品は、由紀さおりが歌手デビューした1969年に日本国内や海外で話題を集めた楽曲をカバーしたもの。主な作品には、自身のヒット曲「夜明けのスキャット」を始め、いしだあゆみの「ブルーライトヨコハマ」や黛ジュンの「夕月」、ヒデとロザンナの「真夜中ボサ・ノバ」など全12曲を収録している。1曲以外は全て日本語によるものだが、それにもかかわらず、2011年11月アメリカのiTunesジャズ・チャートで1位を獲得した他、アメリカ・ビルボードのジャズ・アルバムチャートで初登場5位、カナダのiTunesワールドミュージックチャートで1位、ギリシャIFPI総合アルバムチャートで4位を獲得するなど、世界各国で販売実績を上げ話題になった。更にアメリカ・ビルボードが選定する世界的な活躍が認められたアーティストに贈られる「Billboad JAPAN US Billbord Publisher’s Award 2011」で米国ビルボード特別賞を受賞し、世界でも高く評価されている。11年10月にイギリスロイヤルアルバートホールでコンサートを開催し、7千人の観客の前で熱唱、その後も全米4カ所(全6公演)でピンク・マルティーニとのツアーを行った。日本では12年6月に国内3会場で由紀さおりとピンク・マルティーニのコンサートが開催される予定だが、チケットが発売初日に完売。また12年5月には、由紀さおりのLPレコードのうち8タイトルの復刻版がCD化される。

(金廻すみ子  ライター / 2012年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

由紀さおり ゆき-さおり

1948- 昭和後期-平成時代の歌手,女優。
昭和23年11月13日生まれ。童謡歌手として出発,昭和44年「夜明けのスキャット」がヒットし,翌年「手紙」でレコード大賞最優秀歌唱賞。また映画「家族ゲーム」に出演し,毎日映画コンクール女優助演賞。姉の安田祥子と童謡コンサートを各地で公演。平成23年ジャズバンド「ピンク・マルティーニ」と共演したアルバム「1969」が全米iTunesジャズチャートで1位を獲得した。24年毎日芸術賞特別賞。群馬県出身。洗足学園短大卒。本名は安田章子。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

タレントデータバンクの解説

由紀 さおり


芸名
由紀 さおり

性別
女性

生年月日
/11/13

星座
さそり座

血液型
A

出身地
群馬県

身長
158cm

ブログタイトル
はじめの一歩―日々生ききる

ブログURL
http://ameblo.jp/saori-yuki

デビュー年
1969

職種
音楽/タレント・俳優・女優

趣味・特技
ガーデニング/骨董集め/日舞

プロフィール
群馬県出身。小学生時代、ひばり児童合唱団に所属。童謡歌手(コロムビア所属)として活躍。その後、NHKの歌のお姉さん、アニメの声優、CMソング等(300曲以上吹き込む)で活躍。1969年『夜明けのスキャット』でデビュー。全国にスキャットブームを起こし爆発的なヒットとなる。1986年よりスタートした、姉安田祥子(やすださちこ)との、童謡コンサートは国内のみならず、ニューヨーク・カーネギーホール、シドニー・オペラハウスをはじめ、ロス、パリ、ロンドンブラジル、香港、バンコクなど、海外でも公演を重ね、2005年秋、20周年を迎え記念コンサートツアーを行うなど精力的に活動。2006年1月作曲家、故・吉田正氏の生誕85周年を迎えるにあたり未発表曲『この世の果てまでそばにいて』を記念として発売、大人の純愛をテーマにした作品で好評を得る。2007年10月、シングル『しあわせのカノン~第2章~』が発売され、2008年には出演映画『歓喜の歌』が上演された。

デビュー作
夜明けのスキャット

代表作品
CD『手紙』(1970) / CD『恋文』(1973) / CD『あの時、この歌』シリーズ

出典|株式会社タレントデータバンク
Copyright(C) 2010 Talent-Databank Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

由紀さおりの関連キーワード桐生大学桐生桐生織桐生市市民文化会館くろほね・やまびこマーケットシティ桐生木村梅佐羽喜六桐生工業

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

由紀さおりの関連情報