コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

由良成繁 ゆら なりしげ

2件 の用語解説(由良成繁の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

由良成繁 ゆら-なりしげ

1506-1578 戦国-織豊時代の武将。
永正(えいしょう)3年生まれ。横瀬泰繁(やすしげ)の子。上野(こうずけ)(群馬県)新田金山城主。永禄(えいろく)5年信濃守(しなののかみ)となり,由良に改姓した。はじめ上杉氏,のち北条氏政(うじまさ)にしたがい,たくみな外交術で新田領をまもった。茶を武野紹鴎(たけの-じょうおう)にまなんだ。天正(てんしょう)6年6月30日死去。73歳。通称は六郎。号は宗得。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

由良成繁

没年:天正6.6.30(1578.8.3)
生年:永正3(1506)
戦国時代の武将。横瀬泰繁の子。新六郎。雅楽助,刑部大輔,信濃守を称する。横瀬氏ははじめ,新田荘横瀬郷を本拠に新田岩松氏に仕えていたが,曾祖父業繁の代に下剋上によって実権を握り(明応の乱),戦国大名への道を開いた。永禄3(1560)年,長尾景虎(上杉謙信)の関東侵攻に際し,成繁は上野国では最大の30名の武士団を率いて参陣。同9年9月,北条氏康・氏政父子と盟約を結び,元亀2(1571)年に甲相(甲斐,相模)同盟が成立したことで上杉氏の上野侵攻が活発となると北条方として攻撃を受けた。姓を横瀬から由良に改めたのはこのころと思われる。その後東毛の中核として領地を拡大するが,73歳で没した。

(唐澤定市)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

由良成繁の関連キーワード岩松氏純岩松昌純植村家存武田信豊長瀬泰貞八条朝繁横瀬国繁横瀬貞氏横瀬成繁横瀬泰繁

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone