コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甲賀三郎(1) こうが さぶろう

1件 の用語解説(甲賀三郎(1)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

甲賀三郎(1) こうが-さぶろう

1893-1945 大正-昭和時代前期の小説家。
明治26年10月5日生まれ。農商務省窒素研究所につとめる。大正13年理化学トリックをつかった推理小説「琥珀(こはく)のパイプ」で注目され,昭和3年から創作に専念。謎解きを重視する本格派の作風で知られた。昭和20年2月14日死去。53歳。滋賀県出身。東京帝大卒。本名は春田能為(よしため)。作品に「支倉(はせくら)事件」「姿なき怪盗」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

甲賀三郎(1)の関連キーワード粟屋仙吉石川錬次大井広大久保百合子小泉癸巳男後藤工志後藤保次日名子実三三木宗策森下彰子

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone