コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甲賀三郎(1) こうが さぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

甲賀三郎(1) こうが-さぶろう

1893-1945 大正-昭和時代前期の小説家。
明治26年10月5日生まれ。農商務省窒素研究所につとめる。大正13年理化学トリックをつかった推理小説「琥珀(こはく)のパイプ」で注目され,昭和3年から創作に専念。謎解きを重視する本格派の作風で知られた。昭和20年2月14日死去。53歳。滋賀県出身。東京帝大卒。本名は春田能為(よしため)。作品に「支倉(はせくら)事件」「姿なき怪盗」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

甲賀三郎(1)の関連キーワード原子爆弾投下対日占領政策ミネリ(Vincente Minnelli)東京大学内閣総理大臣ディープ・パープルドイツ問題ホロウェイリーン黒田清輝

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android