コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甲鉄艦 こうてつかんironclad

翻訳|ironclad

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

甲鉄艦
こうてつかん
ironclad

19世紀なかばに登場した鉄板によって艦体が保護された軍艦のこと。初期には,鉄板の厚さは約 11cm,木製の艦体の外部に張られるか,そのまま鉄板で艦体が造られた。 1859年にフランスが世界最初の甲鉄艦である『グロアール』を建造,1年遅れて,イギリスが『ウォーリア』を進水させた。最初の甲鉄艦同士の海戦は南北戦争で,62年3月9日に南軍の『メリマック』 (のち『バージニア』と改号) と,北軍の『モニター』が4時間にわたる砲戦を行なった。しかし,20世紀に入る前に,鉄板は鋼鉄板に取って代られ,甲鉄艦は姿を消した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こうてつ‐かん〔カフテツ‐〕【甲鉄艦】

鋼鉄板で装甲された軍艦。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうてつかん【甲鉄艦】

鉄板で装甲された軍艦。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

甲鉄艦の関連キーワードエリクソン(John Ericsson)デービッド吉田 顕三甲賀源吾ブルック坪井航三箱館戦争差付ける日本海軍上野幾子黄海海戦榎本武揚ニコル戦艦

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android