コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砲戦 ホウセン

デジタル大辞泉の解説

ほう‐せん〔ハウ‐〕【砲戦】

[名](スル)火砲を撃ち合って戦うこと。砲撃戦。
「港内の敵艦が陸上の陸兵と―致し居る者と見えて」〈独歩・愛弟通信〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうせん【砲戦】

( 名 ) スル
大砲を撃ちあって戦うこと。 「彼我両船の-せし時間は僅に三十分内外/浮城物語 竜渓

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

砲戦の関連キーワードフォークランド諸島沖海戦海戦(海上で行う戦闘)スラバヤ沖海戦武蔵(戦艦)豊島沖の戦い大艦巨砲主義日本海海戦軍艦小事典コレオーニ金剛型戦艦永野 修身箱館湾海戦坂本天山丁字戦法甲鉄艦砲戦術李舜臣マセル照準器火砲

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

砲戦の関連情報