砲戦(読み)ホウセン

デジタル大辞泉の解説

ほう‐せん〔ハウ‐〕【砲戦】

[名](スル)火砲を撃ち合って戦うこと。砲撃戦。
「港内の敵艦が陸上の陸兵と―致し居る者と見えて」〈独歩・愛弟通信〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうせん【砲戦】

( 名 ) スル
大砲を撃ちあって戦うこと。 「彼我両船の-せし時間は僅に三十分内外/浮城物語 竜渓

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android