コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砲戦 ホウセン

デジタル大辞泉の解説

ほう‐せん〔ハウ‐〕【砲戦】

[名](スル)火砲を撃ち合って戦うこと。砲撃戦。
「港内の敵艦が陸上の陸兵と―致し居る者と見えて」〈独歩・愛弟通信〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうせん【砲戦】

( 名 ) スル
大砲を撃ちあって戦うこと。 「彼我両船の-せし時間は僅に三十分内外/浮城物語 竜渓

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

砲戦の関連キーワードフォークランド諸島沖海戦海戦(海上で行う戦闘)スラバヤ沖海戦大艦巨砲主義武蔵(戦艦)豊島沖の戦い日本海海戦コレオーニ軍艦小事典永野 修身金剛型戦艦箱館湾海戦坂本天山丁字戦法李舜臣甲鉄艦照準器マセル砲戦術火砲

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

砲戦の関連情報