コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

男性性器結核 だんせいせいきけっかく

1件 の用語解説(男性性器結核の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

だんせいせいきけっかく【男性性器結核】

 尿路結核(にょうろけっかく)は、ふつうの細菌感染とはちがって、通常はまず腎臓(じんぞう)に結核菌の病巣がつくられ、その結核菌が尿管、膀胱(ぼうこう)へと広がっていきます。
 男性性器結核は、血行性の場合もあるといわれていますが、通常は尿路結核にともない、結核菌は尿道から管内性に、前立腺(ぜんりつせん)、精嚢腺(せいのうせん)、精管(せいかん)、副睾丸(ふくこうがん)(精巣上体(せいそうじょうたい))、睾丸(精巣)に入り、病巣をつくります。
 日本の高度成長期には、このような尿路・性器結核患者が多く、東大病院の泌尿器科(ひにょうきか)外来ではこれらの患者専用に一部屋をあてていたほどです。代表的な性器結核である結核性精巣上体炎は、陰嚢(いんのう)の中にしこりとして触れるものですが、当時はかなり多くの手術が外来で行なわれていました。
 しかし最近は、このような光景はほとんどみられません。時代とともに、疾患構造が大きく変わっていった1つの典型でしょう。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

男性性器結核の関連キーワード抗結核剤腸結核肺結核宇宙ロケット開放性結核喉頭結核尿結石尿石尿路尿路結石

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone