コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

画素補間 ガソホカン

2件 の用語解説(画素補間の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

がそ‐ほかん〔グワソ‐〕【画素補間】

デジタルカメラの画像などで、見た目の画素数を擬似的に増やす画像処理技術。隣接する画素などを参照して、本来存在しない画素を作りだし補うもの。→画素

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カメラマン写真用語辞典の解説

画素補間

 本来はない 画素 (ピクセル)を画像処理で作り出して補うこと。大判プリントをするために画像データを拡大したい場合などにこの処理が使われる。たとえば画像データの拡大では、2つの色の粒(ピクセル)の間にソフトウェアが人工的に作り出した(補間した)新しい色の粒(ピクセル)を置くことで、全体のピクセル数を増やしてゆく。  画素補間が行われている例として代表的なのが デジタルズーム 。レンズによる光学的なズームアップの代わりに トリミング によってあたかも望遠で撮影したように撮るのだが、そのままでは記録画素数が減ってプリントサイズが制限されてしまうため、この補間処理によって画素数を元に戻している。  あるいは、サンヨーの Xacti のように、独自の ピクトライズ 処理によって800万画素の イメージセンサー で撮影した画像から1,200万画素相当の画像を生成するなどの例もある。これも画素数をふやすことによって、低画素で印刷時に出やすいジャギーを軽減したり、大判プリントをするために編み出された技術。効果は異なるが、同様の画素補間は Adobe の Photshop などの画像編集ソフトで行うこともできる(再サンプル)。  いずれにしろ、画素数が同じ画像であっても、補間によって画素数をふやした画像と、補間されていない画像とでは、肉眼で見てもあきらかに解像感に違いがある。

出典|カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

画素補間の関連キーワード画像処理画素記録画素数バナーピクセルPixelメガピクセルピクチャー総画素数画像サイズ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone