コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

畔上輝井 あぜがみ てるい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

畔上輝井 あぜがみ-てるい

1906-1989 昭和時代の料亭経営者。
明治39年11月10日生まれ。東京で料亭「般若苑」を経営し,昭和28年有田八郎元外相と結婚。34年有田の都知事選出馬を物心両面で援助したが落選,同年離婚。これを題材とした三島由紀夫の小説「宴のあと」を有田がプライバシー侵害として告訴し,話題をよんだ。平成元年1月19日死去。82歳。長野県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

畔上輝井の関連キーワード有田 八郎昭和時代

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android