コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

畔柳二美 くろやなぎ ふみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

畔柳二美 くろやなぎ-ふみ

1912-1965 昭和時代後期の小説家。
明治45年1月14日生まれ。20歳のときから佐多稲子と交流。昭和23年夫の戦死公報をうけとったのを機に創作に専念し,24年「夫婦とは」を発表。29年「姉妹」で毎日出版文化賞。昭和40年1月13日死去。52歳。北海道出身。北海高女卒。旧姓遠藤。作品に「こぶしの花の咲くころ」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

畔柳二美の関連キーワード小説家

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android