留住(読み)るじゅう

精選版 日本国語大辞典「留住」の解説

る‐じゅう ‥ヂュウ【留住】

※性霊集‐五(835頃)為橘学生与本国使啓「留住学生逸勢啓」
令制で、刑罰の一つ。雑戸(ざっこ)陵戸(りょうこ)、または婦人などが流罪に相当する罪を犯した時、杖刑で済ませ、配所に移さずその土地にとどめて三年間使役すること。〔(718)〕

りゅう‐じゅう リウヂュウ【留住】

〘名〙
① ある場所や地位などにしばらくとどまること。
※六如庵詩鈔‐二編(1797)二・嵳峩別業四時雑興三十首「節物堂堂遽如許、急須留住入新詩」 〔陳琳‐飲馬長城窟行〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android