留(め)役(読み)トメヤク

精選版 日本国語大辞典の解説

りゅう‐えき リウ‥【留役】

る‐えき【留役】

〘名〙 令制で、一〇日間の歳役以上の労役を要する場合に引き続き労役を続けさせること。また、その労役。
※令義解(718)賦役「凡正丁歳十日。〈略〉須〈謂。正之外。更亦留也〉者、満卅日。租調倶免」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の留(め)役の言及

【評定所】より

…その存在は幕府創設後かなり早くから認められるが,1635年(寛永12)に規則が初めて成文化された。構成員の中心は寺社,町,勘定の三奉行で,これに大目付,目付が審理に加わり,勘定所からの出向者を主とする留役(とめやく)(書記)が実務を担当した。初期には老中も出席したが,1660年代(寛文年間)ごろに寄合(会議)が式日(しきじつ),立合,内寄合(うちよりあい)の3種に分かれて,老中は式日にのみ出座することになり,さらに1720年(享保5)からは月1回出座となった。…

【歳役】より

…この間の食料は支給されず,自弁が原則であった。政府が必要とする場合には,留役(りゆうえき)といってさらに30日間使役することが認められていた。留役に対しては食料が支給されるとともに租と調が免除された。…

※「留(め)役」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android