コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

畜産物の価格安定に関する法律 ちくさんぶつのかかくあんていにかんするほうりつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

畜産物の価格安定に関する法律
ちくさんぶつのかかくあんていにかんするほうりつ

昭和 36年法律 183号。主要な畜産物の価格の安定をはかることにより,畜産およびその関連産業の健全な発達を促進し,あわせて国民の食生活の改善に資することを目的とする法律。この目的を達成するために畜産振興事業団が設けられた。現在は独立行政法人農畜産業振興機構が業務を引き継ぐ。農林水産大臣政令により,(1) 原料乳および指定食肉の安定基準価格,(2) 指定乳製品の安定下位価格,(3) 指定乳製品および指定食肉の安定上位価格を定めるものとされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android